スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keep The Beas!


本日届きました!!!!




トトリやってたら届きました(




私見ですがやっぱりシングル:Crow Song の曲はやっぱりmarinaさんが・・




Brave Songはまったく別の曲って感じがしましたw






今回は新曲の歌詞をあげておきますー





では↓には 23:50 の歌詞をー




追記には Run with Wolves と Morning Dreamer と 一番の宝物 でっす







Artist: Garls Dead Monster
Album: Keep The Beats!
Title: 23:50
Lyrics: LiSA
Music: 麻枝准


ふたりの間には色々あった
趣味の違いに共に掃除しない
料理はお前が克服しろと
そんな一方的な命令を下す
こんなふたり笑い合って
過ごせる日がいつか来るかな


お気に入りのDVDがない
君がまた勝手に持ち出したんだ
代わりにクリア寸前のゲームを
レベル1にして上書いてやろう
こんなことを繰り返して
お互い損ばかりしている


でも不思議なほど君を好きなままでいるんだよ
だから安心してほしい 死ぬ時まで一緒にいるよ
ああ なに言ってんだ 顔が熱い!


君が帰ってくるのが遅いから
隠してあったケーキ食べちゃったよ
あれ? 今日あたしの誕生日だっけ?
ひとりで食べちゃった 涙こぼれる
こんなふたり笑い合って
過ごせる日がいつか来るかな


もう泣くのは我慢する
君がコンビニまで行って
代わりを買ってきてくれる
だからあたし笑ってるよ
ほら 急いでよ 後10分



Artist: Garls Dead Monster
Album: Keep The Beats!
Title: Run with Wolves
Lyrics: LiSA
Music: 麻枝准


Every night 訪れる痛みをキシキシきしむベッドの上で耐えて
何が間違っていたのか あれもこれもと後悔の念にかられまくる


「今のままじゃダメになるね」と誰が言ったのかもわからなくなる


もうひとりで生きていくしかないと燃えゆく荒野を見つめ
傷を負った狼のようにはyeah! 消えていきたくないまだまだ
それなら倒れたほうがマシだから


Friday 訪れる週末 騒然とした部屋も片付かない
少し伸びた爪を噛んでテレビを見てる もうなんでもよくなってくる
アンコールを頭から浴びた これで酔えるならまだラクなのに


もう昔のように笑えないことを悲しいことだと思わない
ただ誰もが選んでいくことなのか こんな苦しいことなのに
それなら逃げたほうがマシなのに


ダメになりそう 予言通りだ
よくない想像なんて吐いて捨てろ!


もうひとりで生きていくしかないと燃えゆく荒野を見つめ
傷を負った狼のようにはyeah! 消えていきたくないまだまだ
もうあの日のように笑えないことを悲しいことだと思わない
荒野駆ける狼は今もまだ振り返ることもない
それなら先を急ごうRun with wolves






Artist: Garls Dead Monster
Album: Keep The Beats!
Title: Morning Dreamer
Lyrics: LiSA
Music: 麻枝准


目覚まし時計ががなりたててる
お願いもう少し眠らせて
昨日はGIGでその後飲み会で
もちろんお酒は呑めないんだけど ジュースなんだけど
忙しい日々を真面目に生きる
このあたしめにどうか眠りを
ちゃんと起きたら新曲聴かせてあげる
もちろん弾き語りで ハモリはお願い
手取り足取り教えてあげるよ 心配ない
そういや1弦切れてた 買ってきて お願い!


目覚まし時計を止めてから30分
いい加減起きなきゃいけないけど
真冬のお布団は魔性のアイテム
もう抜け出せなくなってしまったよ 眠り呪い付き
我らが暮らす 現代社会
こんなところに悪魔がいた
くだらないから一笑に付すなんてひどくない?
ここから面白くなるかもしれないじゃない
だから続きと言われてもまだ浮かんでこない
とりあえず布団に食べられ布団マンになる
もうそれでいいじゃない


はいはいそろそろ起きますよ お湯を沸かしてよ
眠気覚ましのコーヒーに食べ残したクッキーを
そういや新曲の練習するんだったっけな
そもそも一人暮らしで誰と話してたんだろ?






Artist: Garls Dead Monster
Album: Keep The Beats!
Title: 一番の宝物(Yui ver.)
Lyrics: LiSA
Music: 麻枝准


顔を合わしたら喧嘩してばかり
それもいい思い出だった


きみが教えてくれたんだ もう恐くない
どんな不自由でも幸せは掴める だから


ひとりでもゆくよ 例え辛くても
きみと見た夢は 必ず持ってくよ
きみとがよかった ほかの誰もでもない
でも目覚めた朝 きみは居ないんだね


ずっと遊んでれる そんな気がしてた
気がしていただけ わかってる
生まれてきたこともう後悔はしない
祭りの後みたい 寂しいけどそろそろ行こう


どこまでもゆくよ ここで知ったこと
幸せという夢を叶えてみせるよ
きみと離れても どんなに遠くなっても
新しい朝に あたしは生きるよ


ひとりでもゆくよ 死にたくなっても
声が聞こえるよ 死んではいけないと
例え辛くても 寂しさに泣いても
心の奥には 温もりを感じるよ


巡って流れて 時は移ろいだ
もう何があったか 思い出せないけど
目を閉じてみれば 誰かの笑い声
なぜかそれが今一番の宝物



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。